新築造りのプロフェッショナルを選ぼう!

実績のある業者を選べば信頼できる

良い業者を選ぶコツは、住宅を建築した実績があるかをチェックすることです。大手のハウスメーカーの場合は、そのような点を気にする必要はないかもしれませんが、工務店などは調べた方が良いでしょう。店舗施工やオフィス工事をメインにやっている工務店もあるので、そのようなところでは住宅建築の経験値が少ないかもしれません。公式HPや口コミなどで建築実績を把握しておけば、安心できる業者か判断できるでしょう。また、見積もりに関しても、一つ一つ業者を訪ねて見積もってもらうのは大変なので、一括見積もりサイトを上手に活用することをお勧めします。そうすれば、建築実績と大まかな費用が分かるので良い業者を選びやすくなると思います。

こまめに工事現場に足を運ぼう

良い業者を選んだ後も、全てを業者に任せてしまうのではなく、こまめに工事現場に足を運びましょう。日本の業者は生真面目で丁寧な仕事をすると言われていますが、頻繁に工事現場に足を運び、どのような状態になっているか確認することが大切です。住宅の施工不良でクレームが出たりするケースは度々あるので、そういったトラブルが起こらないよう定期的に確認する必要があります。個人住宅の工事を行う際、工事管理の体制が不十分な場合があります。たとえ専門家でなくとも、定期的に確認をしに行くことで、現場に緊張感が生まれミスも減っていくでしょう。住宅は一生に一度の大きな買い物なので、家が完成してから問題が発生しないよう、こまめなチェックが大切です。良い業者に依頼し、工事が始まったら定期的に確認していくことで、最高の住まいが出来上がるでしょう。